バナナラマ列伝(3/3)『バナナ龍』